洗浄装置とは

連続大量処理、超音波洗浄、汚水を出さない真空蒸留再生装置によるクローズド処理、高圧シャワ一、ブラシ洗浄などさまざまな洗浄システムが利用されています。目的、用途、コストに見合うシステム選定がポイン卜です。

JTE 洗浄装置の特長

安全・確実・低コストを実現
オープンタンク、圧力タンク、ポリタンクなど、さまざまなワークを対象とした洗浄機を扱っています。ラベルデスケーラー、キャップ付容器のキャップ取り外し装置、洗浄機への投入・搬出用マテハンなどによる自動・省力化も可能です。

事例

  • その他洗浄設備
  • 食品洗浄設備

その他洗浄設備

  • ドラム缶洗浄ライン
  • コンテナ洗浄機
  • UV洗浄機
  • ドライ洗浄機

CASE.1ドラム缶洗浄ライン

課題
重さ、形、大きさの違う容器の洗浄作業および運搬作業の負担を軽減したい
提案
産業用ロボットを導入し、省スペースな自動洗浄ラインを提案した
成果
作業時間を短縮、安全性も確保し、洗浄液のリサイクル化にも成功した

  • ドラム缶洗浄ライン
  • ● 特徴

    画像処理により、個体差を認識して位置合わせ可能

    お客様による洗浄レシピの変更も容易

JTEのロボットエンジニアリング

CASE.2コンテナ(番重・バッカン)洗浄機

課題
リターナブルコンテナを、綺麗に自動洗浄し再利用したい
提案
高圧・温水洗浄及び熱風・水切りエアを用いた、コンテナ洗浄機を提案した
成果
コンテナ隅に堆積していた原料も残らず洗浄出来、洗浄後のコンテナ仕上がりが良くなった

  • コンテナ洗浄機

CASE.3UV洗浄機

課題
FPDなどの製造工程でワークに付着した小さな有機性の汚れをワークの損傷なく洗浄したい
提案
紫外線ランプを用いUV光の機能を活かしたUV洗浄機を提案した
成果
湿式洗浄では除去できなかった微細な汚れを取り除くことができ、
製品の品質、歩留まりが向上した

  • UV洗浄機

CASE.4ドライ洗浄機

課題
FPDなどの製造工程でワークに付着した小さな有機性の汚れをワークの損傷なく洗浄したい
提案
超音波を用いた非接触式のドライクリーナを提案した
成果
湿式で必要な水、薬液等のライニングコストがかからず、微粒子も除去可能な
クリーニングを実現した

  • ドライ洗浄機

食品洗浄設備

CASE.1食品トレー洗浄機

課題
リターナブルトレーを、綺麗に自動洗浄し再利用したい
提案
高圧・温水洗浄及び熱風・水切りエアを用いた、トレー洗浄機を提案した
成果
トレー隅に堆積していた残留物も残らず洗浄出来、衛生的な再利用が可能になった

  • トレー洗浄機

ページトップへ