FA装置とは

エ場における生産工程の自動化を図るFA装置はコスト低減、効率化、品質向上などのカギとなります。導入の仕方によっては費用対効果を損なったり品質低下を招くリスクもあります。システム全体を考えた導入がポイントです。

JTE FA装置の特長

製造工程をトータル的に効率化
JTEは、さまざまな製造現場におけるエンジニアリングを通して生産プラント全体の効率から見たFA化を実践してきました。豊富な経験と斬新な発想、確かな技術により、単なる産業用ロボットの導入などを超えて、上流および下流での製造過程を考慮し、トータル的コーディネートにより効果的なFA装置を提案します。

事例

  • 自動車関連設備
  • 食品・医薬関連設備
  • 電子部品関連設備
  • 建材関連設備

自動車関連設備

  • 自動貼り合せ装置
  • 表面塗布機
  • 研磨装置

CASE.1自動貼り合せ装置

課題
自動車部品材料の歩留り向上、組立工程の簡素化を行いたい
提案
材料取りの見直し、組立工程、画像検査の自動化を提案した
成果
材料廃棄部分の低減、組立精度・速度が向上した

  • 自動貼り合せ装置

CASE.2表面塗布機

課題
自動車部品表裏面に均一に接着剤を塗布したい
提案
ローラーを用いて、部品表裏面に均一に接着剤をコーティングした
成果
部品の仕上がりバラツキが無くなり、不良率が削減した

  • 表面塗布機
  • SS材のワークをマグネットローラー、マグネットコンベヤで搬送

    円形ワークに表裏面接着剤をローラー塗布する

CASE.3研磨装置

課題
自動車部品表面の特定箇所を研磨したい
提案
部品表面の面精度を計測しつつ、適正値を算出後に研磨することを提案した
成果
部品の仕上がりバラツキが無くなり、歩留り向上した

  • 研磨装置

食品・医薬関連設備

  • エージング搬送装置
  • 粉体充填装置
  • 粉体混合装置
  • ケーサー設備
  • 分離供給機

CASE.1エージング搬送装置

課題
食品製造工程において、段積された製品を自動的にエージング倉庫内に搬入したい
提案
製品装置と連動する無人軌道台車を用い、自動的に倉庫内に搬入することを提案した
成果
省人化に繋がりコストの低減、倉庫内の温度・湿度が安定し、品質が向上した

  • エージング庫内
  • ● 特徴

    対象ワークの軌道と空気の流れをシミュレーションし、庫内の温・湿度を均一にコントロールし製品品質の向上に貢献

CASE.2粉体充填装置

課題
食品製造工程で粉体製品を多量に迅速に、充填包装したい
提案
バッファータンクを充填機前に設置し、多量の製品を高速に充填した
成果
充填スピードが上がり、生産性が上がった

  • 1tフレコン充填機
  • ● 特徴

    GMP規格に基づいたライン構成

    サニタリー性を意識した、装置構造大量の粉体を一気に充填可能

CASE.3粉体混合装置

課題
食品材料の粉体を均一に添加物をムラなく混合したい
提案
たばこ製造で培った技術を用いた混合機を提案した
成果
ムラなく添加物が混合され、品質の均一性が向上した

  • 粉体混合装置
  • ● 特徴

    たばこ製造技術で培った粉体混合技術により各種粉体に対応

    加水による水分コントロールを始め、薬液、香料、添加物等の均一添加が可能

CASE.4ケーサー設備

課題
製品の各種形状に合わせた多様な箱詰め形態の作業を自動化したい
提案
製品をまとめて整列・吸着搬送し、ダンボールに投入する装置を提案した
成果
多数人手がかかっていた箱詰め作業が自動化され、省人化に繋がり、生産効率が向上した

  • ケーサー投入
  • ● 特徴

    対象ワークに合わせ様々な方式を提案可能
    段ボール製函機、自動印字装置、計量機、
    パレタイザー等によりライン自動化を実現可能

CASE.5分離供給機

課題
製品包装等の前段階として搬送間隔を開け、等間隔に搬送したい
提案
自動的に製品をホールド・リリースし、等間隔に供給を提案した
成果
次の工程処理がスムーズに繋がり、製品滞留がなくなった

  • 分離機

電子部品関連設備

  • 自動基板積層装置
  • 高精度アライメント装置
  • コーティング装置

CASE.1自動基板積層装置 (自動レイアップ機) 

課題
不良率の低減を図って、多層基板を効率よく製造したい
提案
積層位置精度を考慮した、全自動化による製造作業の効率化を提案した
成果
全自動化によるタクトタイムの向上、不良品ロスの低減を達成した

  • 自動基板積層装置

CASE.2高精度アライメント装置

課題
基板製造にあたって、精度よく高速処理にて対象ワークをアライメント(位置決め)したい
提案
基準マークを画像カメラで認識し、サーボテーブル用いて精度よくレイアップすることを提案した
成果
貼り合わせ精度が上がり、不良率が低下。また装置化により、生産スピードが上がった

  • 高精度アライメント装置
  • 貼り合わせ対象ワークに施してある基準マークを画像カメラで認識し、高精度(±10μm)でアライメントします。

    固定方法としても様々なニーズに対応可能です。
    例)接着、テープ貼り、ピン打ち 等

CASE.3コーティング装置

課題
フラットまたは円筒部品に均一に塗料を塗布したい
提案
部品素材・表面処理などワークに対して、さまざまな塗布方法を提案した
成果
素材に合わせた塗布方法を用いた為、品質が向上した

  • コーティング塗布機

建材関連設備

  • 帯状製品(断熱材)の巻き取り装置
  • 段積み機
  • 包装機
  • 各種搬送設備
  • ライン外取出し装置
  • 自動断熱材外皮巻き装置
  • 高速裁断機

CASE.1帯状製品(断熱材)の巻き取り装置

課題
物流費用削減および省力化のため、帯状製品の包装形態を変更したい
提案
製品(断熱材)の高圧縮のロール状に、心材を使用せず巻き取る自動化設備の導入を提案した
成果
コンパクトな包装形態を実現したことにより、物流コストを大幅に削減した

  • ロールアップ機

CASE.2段積み機

課題
多種多様なサイズの建築用ボード材を精度よく段積みしたい
提案
前後設備を含む一連ラインとして、多品種・高速処理に対応した独自開発の段積み装置を提案した
成果
次工程の梱包機との直結化し、段積み精度および処理スピードを向上し生産性がアップした

  • 段積み機

CASE.3包装機

課題
重量物の圧縮梱包等にあたり袋詰め複合作業を低減したい
提案
多様な品種およびサイズに対応可能な全自動4方シール包装機の導入を提案した
成果
重量物の包装作業を開発設備で自動化し前後工程まで見直したライン構成で生産性が向上し、品質の均一化が達成できた

  • 包装機

CASE.4各種搬送設備

課題
動線を考慮した、様々な製品に合わせた搬送ラインを検討したい
提案
作業性を考慮した、効率のよい搬送ラインを提案。また、製品に合わせた搬送機器を開発し、
搬送中の製品へのダメージを低減を提案した
成果
動線がよくなり、作業効率が上がり省コストに繋がった
また、破損品の低減によりクレームが低減した

  • 各種搬送設備

CASE.5ライン外取出し装置

課題
自動的に製品を搬送中にラインアウトし、検品を行いたい
提案
ロボットによる、搬送スピードと協調したピッキングを提案した
成果
生産中に製品を確認する事が出来、品質向上に繋がった

  • ライン外取出し装置

CASE.6自動断熱材外皮巻き装置

課題
手作業で行っていた断熱材の外皮巻き作業を自動化したい
提案
製品(保温筒)に全自動で外皮を巻付ける装置を開発し、FA化を提案した
成果
工程の自動化が実現し、人件費の削減、製造能力が大幅に向上した

  • 自動断熱材外皮巻き装置

CASE.7高速裁断機

課題
ボード・シート状の素材を高速で小さなブロック状に裁断したい
提案
ロータリーカッターを使用した超高速裁断機を導入することを提案した
成果
装置の導入により処理能力がアップし、生産性の向上を実現した

  • 高速裁断機

ページトップへ