マテリアルハンドリング装置とは

さまざまな目的、場所、手段で物を移動させたりセッ卜したりして製造や保管、パッケージングなどを補助するマテリアルハンドリング装置を開発製作します。生産現場ではコンベアシステムを始め、搬送、吊り下げ、昇降、保管、移動など多様なタイプが利用され、経済性、生産性、品質の向上に活躍しています。

JTE マテハン装置の特長

効率的な生産ラインを実現
お客様のニーズに適合するマテハン装置を開発し、生産設備間のハンドリングを全体最適化することで、作業スペースの有効活用、作業の効率化、スピードアップ、安全確保に貢献します。

事例

  • 搬送ライン装置
  • 食品関連設備

搬送ライン装置

  • ハンガーソーティングシステム
  • ロボットハンドリング
  • ロボットパレタイザー
  • スパイラルリフター

CASE.1ハンガーソーティングシステム

課題
大量のレンタルウエアの管理/仕向け先毎仕分け作業を自動化したい
提案
RFIDタグを利用し個々のウエアを識別・仕分け、特許出願のハンガー解除機構を備えた、ハンガーソータを提案した
成果
ウェアの機械仕分けによる省人化および個体識別による履歴管理を実現し、レンタルウエアの管理業務を効率化した

  • ハンガーソーター
  • ● 特徴

    自動ピッキングによる高速処理で、上着、ズボンを組合わせて払出が可能

    RFIDによる、入出荷管理及びトレースが可能

CASE.2ロボットハンドリング

課題
コスト削減のため自動的に製品型を搬送し、集積したい。また、次の工程へ受け渡したい
提案
ロボット搬送による、製品型の集積、払出を提案した
成果
省人化に繋がり、生産スピードが上がった

  • ロボットハンドリング

CASE.3ロボットパレタイザー

課題
大量、多品種の搬送、出荷が必要な出荷工程の積荷処理能力を高めたい
提案
多様な積荷パターンに対応した搬送ライン、ロボットパレタイザーを提案した
成果
ロボットの自動積み付けにより省人化に繋がり、出荷工程の効率が向上した

  • ロボットパレタイザー

CASE.4スパイラルリフター

課題
従来の垂直搬送機は維持費が高額なうえ、駆動部からのオイル飛散が製品の"外装汚れ"の原因になっていた
提案
スパイラルリフターへの更新を提案した
成果
維持費を大幅に削減したうえ製品汚れの心配がなくなった、さらに搬送能力も向上した

  • スパイラルリフター
  • ● 特徴

    少スペース、搬送物を汚さない、
    簡単なメンテナンス、静音、頑丈

食品関連設備

  • 原塩搬送ライン
  • ケーキハンドリング
  • のりハンドリング
  • 振動コンベヤ
  • 反転機

CASE.1原塩搬送ライン

課題
高腐食性の原料を搬送する設備を長寿命化したい
提案
高耐食性の新素材および効率的な搬送ラインの構築を提案した
成果
設備の長命化で更新コストを削減するとともに、メンテナンス性が向上した

● 特徴

SUSやチタン・超高分子ポリエチレン等、使用箇所に応じて新素材を使用

搬送対象物の状態に応じて、振動コンベヤ、スクリューコンベヤ、ネットコンベヤ
ベルトコンベヤ、バケットコンベヤなど選定

除湿エア等による、付着防止対策

  • 原料塩搬送
  • 高耐食性屋外搬送

CASE.2ケーキハンドリング

課題
複雑な形状で崩れやすいため人手でトレーに整列、搬送していたものを自動化したい
提案
画像処理にて形状と向きを認識させ、専用ハンドによるロボット搬送を提案した
成果
自動ハンドリングにてトレーに整列置きができ、省人化に繋がった
また、同時にケーキ上の外観検査を行い、トッピングの有無を判別出来るようになった
  • ケーキハンドリング
  • ● 特徴

    自社開発の専用ハンドを使用し、崩れやすいケーキをスムーズにハンドリングすることが可能

CASE.3のりハンドリング

課題
製品の破損を防ぐため人手で筒状缶に投入していた製造ラインを自動化したい
提案
自動的に整列化し、製品に合わせた吸着ハンドリング部を開発提案した
成果
缶詰め工程が自動化され、省人化・コスト低減につながった
  • のりハンドリング

CASE.4振動コンベヤ

課題
塩、小麦粉、穀物など粉体、粒状の製品をダメージなく搬送したい。また、清掃性を向上させたい
提案
構造が簡易な振動コンベヤを用いた搬送ラインを提案した
成果
製品ダメージが減り、品質の向上に繋がった
搬送構造が簡易で清掃性が向上し、異物混入のリスクが減った
  • 振動コンベヤ
  • ● 特徴

    超高分子ポリエチレンなどを使用して、付着防止対策

    投入から払出まで、ライン間にカバーを行い、異物混入対策

CASE.5反転機

課題
新製品対応として既設ラインに板状の製品をダメージなく反転させる工程を追加したい
提案
限られたスペース内に合わせた、製品反転機を開発、提案した
成果
品種切り替えも容易な、多品種対応ラインを実現した
  • 反転機
  • 反転機

ページトップへ