医薬品製造エンジニアリングとは

医薬品を製造するため、各工程における厳しい基準にかなう高度なエンジニアリング技術が必要です。JTEは丁寧なヒヤリングによって必要条件を把握し、幅広い技術と実績を活かして、GMP対応、品質管理、コスト管理などの高度な要求に的確に応える信頼性の高いプラン卜を提供します。


原料貯蔵サイロ (50t)

JTE 医薬品製造エンジニアリングの特長

GMP対応の生産設備
医薬品、健康食品製造ラインに関しては、GMPガイドラインに則った工場を構築します。
環境に配慮
クリーン環境に配慮した工場設備およびラインの構築が可能です。
多様な設備に対応
大型サイロ(50t)の据付および供給ラインの構築など、必要に応じた多様な設備を実現します。
精度の高い衛生管理
衛生管理の徹底およびコンタミ防止を目的に、製造ラインの陽圧管理制御システムを実現します。

事例

CASE.1製薬向け原料製造ライン

課題
既存設備の経年劣化対応で、耐腐食性の設備に更新したい
提案
SUS化合金属を応用した、コンベヤ、処理設備、槽を提案した
成果
現行設備の金属以上の耐腐食性を期待し、順次、老朽化設備の更新を手掛けられ、品質維持、メンテナンス費用抑制を達成した

  • 原料搬送用パケットコンべヤ

  • 工場外景

  • 原料貯蔵および搬送ライン

ページトップへ