物流エンジニアリングとは

ソフトとハードを組み合わせて、物流業務の最適化を図ります。在庫管理システム、トレーサビリティシステムなどと連携し、物流の見える化、低コスト化、スピード化などの要望に応えます。

JTE 物流エンジニアリングの特長

多銘柄、小ロットに対応
ニーズの多様化に伴う多銘柄、小ロットの取り扱いを正確・迅速に遂行するシステムを構築します。
ピッキングから配送管理までトータル提案
商品のピッキングから配送手続き、配車管理までをトータルに実現する効率的なシステムを構築します。

事例

CASE.1自動仕分け装置

課題
多銘柄、小ロットの商品を効率的かつ迅速に配達したい
道路事情による遅延などの把握・対応や環境対応などエコでスマー卜な物流体制を実現したい
提案
コンピュータを高度に使用し、先進的出荷システム、位置情報・交通情報などと連携した配車システムなどにより効率化を実現する提案をした
成果
出荷ミスの低減、無駄のない配送コース選択、より正確な配達時間予測が可能となり、運送時間の短縮、ガソリン代など経費の削減が実現し、サービスが向上してお客様からのクレームも低減した

  • デジタルピッキング

  • コンテナ詰機

  • 自動ピッキング

ページトップへ